蜑阪∈
谺。縺ク

不倫による離婚裁判はどうか

離婚裁判をする原因の一つは、どちらかが不倫をしたことにあります。
例えば、夫が妻に対して性行為を迫ったのになかなか妻が許してくれないことがあります。
子供がまだ小さい時などは、妻は子育てに夢中になっており夫の事は忘れてしまう傾向があるでしょう。
少なくともその時の妻の頭の中は、夫よりも子供のことが優先されるわけです。
結果的に夫はないがしろにされ外に女を作って不倫をすることがあります。
それがばれてしまうと離婚裁判に発展する可能性があるでしょう。
慰謝料請求をする場面などは、まさしくこのような不倫によって慰謝料が発生した場合が考えられます。
慰謝料世紀をする場合どれぐらいの金額が妥当かといえば、およそ300万円ぐらいになるでしょう。
これはお金持であっても貧乏であってもそれほど大きな違いがある訳ではありません。
弁護士を間に入れて裁判をして多くの場合は和解をすることになるでしょう。
和解をした結果、全額はとれませんが少なくとも弁護士料がかさむよりはよいというわけです。

Page Top