蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判になるまでの流れを知ろう

夫婦関係でどちらかが不倫をした場合、離婚裁判に発展することは少なくありません。
とはいえ、不倫からいきなり離婚裁判に直結する訳ではありません。
そのあいだにはさまざまな過程があります。
例えば、不倫が発覚した場合にはすぐに相手に離婚を切り出すよりもしっかりと証拠をつかんだほうがよいです。
特に慰謝料請求をする場合には、その証拠があるかどうかで数100万円のお金が手に入るかどうかが変わってくるでしょう。
お金の話しをするといやらしいと感じるかもしれませんが、ある意味不倫をした側に対する制裁と考えておけばよいです。
この場合には、探偵を利用してじっくりと証拠を集めます。
そこで、裁判に必要な証拠集めができた場合にようやく相手に不倫の証拠を見せて慰謝料請求をするわけです。
そして相手が慰謝料を支払ってくれない場合には、慰謝料請求をするために弁護士を雇うことになるでしょう。
そして話し合いで結果が出なかった場合にはようやく底に離婚裁判の流れになるわけです。

Page Top