蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判と審判離婚の違いとは

離婚裁判と似たような言葉に、審判離婚と呼ばれるものがあります。
どちらも裁判所が絡むものになりますので、多くの人はそこまで到達する前に解決します。
はっきり言えば、裁判所が夫婦間の間に立つことはあまりあるケースではありません。
離婚する場合でもそこまでに至る人は全体の1割未満とされています。
では、この二つはいったいどのような違いがあるのでしょうか。
これは、離婚をするときの流れを知っておけば必然的に理解できるようになるでしょう。
まず離婚する場合には夫婦間で話し合いをします。
多くの場合ここで解決することになりますが、残念ながら解決できなかった場合は間に弁護士を入れて離婚調停と呼ばれるものがはじまります。
これは、裁判所の調停委員が入りお互い話し合いをし解決していくものです。
多くの場合ここでも決着がつきますが、例外的に決着がつかない場合は裁判所の権限で審判離婚と呼ばれるものスタートします。
しかしこれでも解決に至らない場合は、訴訟を提起しますがこれは離婚裁判と呼ばれるものです。

Page Top