蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判に至るまでの流れを説明しよう

夫婦間で離婚をする場合、直ちに離婚裁判が起こる訳ではありません。
実際に離婚裁判に発展する夫婦は全体の1割程度とされています。
ではどのような経過を経て離婚裁判が整理するのでしょうか。
まず基本的には話し合いで決めることになります。
これを協議離婚といいます。
お互いが話し合うことで、それぞれが納得すれば協議離婚の成立です。
当然この時には弁護士などの第3者が出てくることはありません。
しかし協議離婚だけでは結論に至らない場合、間に家庭裁判所と弁護士を挟み調停離婚と呼ばれるものが成立します。
調停委員二人がそれぞれの言い訳を聞いて妥当な結論を導くわけです。
しかしそれでも納得いかない場合には、審判離婚と呼ばれるものが考えられます。
裁判所が離婚を決定する方法になります。
ただこれでも異議申し立てをする場合には審判離婚は成立せず、最終的に裁判離婚に発展すると考えておけばよいでしょう。
そのため、最低でも裁判離婚に発展するためには半年ぐらいの時間がかかります。

Page Top