蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判になるきっかけは財産問題がある

離婚をする夫婦は世の中の1/3とされていますので、比較的多い傾向があります。
ただすべての夫婦が離婚裁判に発展する訳ではありません。
離婚裁判に発展するのは、それなりのしっかりとした理由があります。
どのような理由が考えられるかといえば、その一つは財産の問題です。
夫婦間では通常財布はいっしょと考えられており、わざわざ個別の財産やお金をそれぞれ夫婦で分けて管理をしている訳ではありません。
そのため、いざ離婚をするとなればいったいこの財産はどちらに帰属するのかといったことで争いが生じるわけです。
例えば家や車はどのようにあつかわれるかが問題になります。
すべて名義がある法に財産は帰属しますが、そうするとほとんどの場合夫に財産が継続することになるでしょう。
それを不満に思った妻が裁判所に訴え財産の一部を取り戻そうとするわけです。
ある程度合理的な理由があれば、半分は妻のものになると考えてよいでしょう。
そのため、もし気になる場合は一度弁護士に相談をしてみるのがよいです。

Page Top